(ご来店お客様)モザイクタイルでカウンタートップ

ホームページをご覧になったお客様よりこんなご依頼がありました。(家具にタイルを)

  1. 板にタイルを張ってほしい。
  2. タイルは在庫しているものでもどんな物でもよい。

出た経理担当者はここまでしか聞けていなかった模様。出先にいた私は少し要領を得ず、金額も即答できないので、とりあえず私から連絡し詳細を伺うことに。 するとご依頼の詳細が

  

  1. 板は自分で用意している
  2. 出来たものはキッチン作業用カウンターとして使用する
  3. 本日中に仕上げて欲しい 

基本的にタイル用のボンドは1日では乾き切らない上に、目地を施さないといけないので当日のお引き渡しは非常に難しいです。通常ではご依頼いただいてから5~10日ほどいただかないと提供はできません。

また、家具にタイルを張る場合はまず、タイルを決めてからその寸法に合わせて家具の寸法を決めるのが普通です。


そして、在庫品のタイルをご覧いただいてガラスモザイクと25ミリ角のタイルをお選びいただき、作業を始めました。




お客様に持ち込みいただいたカウンタートップにモザイクタイルを並べて、寸法を決定します。

寸法を決定させましたので、ボンドを塗ります。今回は水の使用もカウンタートップでするということでしたので、耐水性のある特殊ボンドを使用しました。

縁周りの25角を張ってから中のガラスモザイクを張っていきます。寸法が合わないので目地を縮めたり広げたり・・・。

ここまでで、作業時間1時間

張り終わったたので、表はりの紙に水を染み込ませたスポンジを当てて濡らし、紙を剥いでいきます。ここで表面が見えてきますね。次は側面を張ります。

側面を張って作業時間4時間経過。ここまでの作業を振り返り、「本日の納品はやはりできません」と、お客様に連絡。

側面と裏面の縁は下地接地面が少ないのでボンドも厚めに、寸法も合わないのでモザイクをカットすることに。側面の調整をするだけで作業時間は4時間となりました。やはり品質上当日のお渡しはできません、と連絡をお客様に不本意ながらすることに。お客様もご理解いただきました、ありがとうございました。

目地からはみ出たボンドの拭き取り、モザイクの列調整。ボンドの廻っていない部分の修正。これらをしている内に日は暮れ、時間も19時半に。張り方まで終わらせここで1日目の作業は終了。ボンドが固まって目地です。


2日目

目地から出ているボンドを取り除き、目地詰め準備です。

いよいよ目地を詰めていきます。

拭き上げ。仕上がりが見えてきました。ガラスモザイク特有の一直線でない目地の通りがいいですね。

拭き上げ完了。乾燥を待って乾拭き、希塩酸での仕上げ拭きをします。

綺麗になりました!後は納品を待つばかり。。。


納品

お客様と待ち合わせをして引き渡しを行いました。 納期などでご迷惑をお掛けしましたが、非常に喜んでいただけました。 

今回のお値段は

  1. 在庫品モザイクタイル
  2. ボンド
  3. 作業工賃

  全てで¥40,000-(税抜き)

となりました。